NTT Communications
お客さま向けセミナーインフォメーション
セミナーインフォメーションHOMEへ
クラウド利用の加速に伴い、ITシステム運用に関して以下の課題を感じるとのお声をお客さまから多くいただきます。
  • 複雑化するシステム運用管理に対する業務負担の増加
  • インシデント対応の効率化・スピードアップ
  • 適切ではない人材配置
本セミナーではシステム管理現場が求める監視をAll-in-Oneで行うソリューションZABICOM(Zabbix)と現在あるITシステム運用環境を活用したまま運用業務自動化を実現するツールKompiraについてご紹介します。
また、ZABICOM(Zabbix)とKompiraを組み合わせた自動復旧や電話自動エスカレーションにより、人手を介すことなくITシステムを運用する具体的な自動化事例も解説いたします。
配信日時:2021年 9月 9日(木)  16:00~17:15
【セミナータイムスケジュール】
◎第一部 16:00~16:20
ZABICOM(Zabbix)を活用した監視の自動化と監視情報の可視化
近年のハイブリッドクラウドの普及は機器の構成変更を容易にしました。しかしそれは同時に日々の監視設定メンテナンスの爆発的増加を招き、貴重な技術者の稼働(時間)を奪い去ることにもなりました。
今回は、CMDB(構成管理データベース)から取得した情報とZABICOM(Zabbix)の独自ツールをフル活用して監視設定の自動化と可視化を行うことで、増々複雑化するシステムの監視運用において技術者の稼働の大幅削減に挑戦した事例をご紹介いたします。
講演者:NTTコミュニケーションズ株式会社

◎第二部 16:20~16:40
Kompira+ZABICOM(Zabbix)で実現するシステム運用自動化
IT人材の不足やシステムの多様化が進む中、多くの企業様がシステム運用の自動化にチャレンジされています。
本セッションではKompiraを利用したZABICOM(Zabbix)アラート通知のフィルタリング、一次対応処理、担当エンジニアに連絡するエスカレーションコールの自動化する活用例、また構成管理を自動収集して管理する事例をご紹介いたします。
講演者:株式会社フィックスポイント

◎質疑応答 16:40~16:50

◎第三部 16:50~17:10
Zabbix機能概要とZabbix5.0最新LTSバージョン紹介
Zabbix 5.0 では様々なサービスとの連携やアプリケーション監視のテンプレートをデフォルトで搭載、新しい Zabbix エージェントをはじめとした機能追加やユーザーインタフェースの改良が行われています。
Zabbixの基本的な機能概要とZabbix5.0最新LTSバージョンで追加された新機能についてご紹介いたします。
講演者:Zabbix Japan LLC

◎質疑応答 17:10~17:15


参加費 :無料
主 催 :NTTコミュニケーションズ株式会社
共 催 :株式会社フィックスポイント / Zabbix Japan LLC






配信は終了いたしました。
お問い合わせ| NTTコミュニケーションズ株式会社 ビジネスソリューション本部 seminars-info@ntt.com

このページのトップへ