<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PX2HXS" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

資料ダウンロード第9回 Enterprise Cloudセミナー

ダウンロード資料①
ヴイエムウェア ご講演資料
『 VMware on Cloud - IT資産の最適な配置実現に向けて 』(9.1MB)

VMwareの仮想化基盤製品であるvSphereは15年前に発表されて以来、幅広いお客様に支持され、現在全世界の50万社以上で利用されています。 お客様はvSphereを利用して大規模かつミッションクリティカルなシステムを支える 高品質で安定したIT基盤を実現しています。 要件の厳しいシステムを支える仮想化基盤として長年進化してきたvSphereの資産を生かしつつ、クラウドの俊敏性、柔軟な課金体系を取り入れたパブリッククラウドサービス(= VMware on Cloud)が利用者を増やしています。 VMware on Cloudを活用し、既存のIT資産の最適配置を可能にするクラウド時代のIT基盤運用のプラクティスをご紹介します。
ダウンロード資料②
『 スムーズなクラウド移行を実現する NTT Comの「Enterprise Cloud」 』(5.3MB)

多くの企業がVMware vSphereやVMware vCenterといったVMware製品を用いた仮想基盤上で既存システムを構築していますが、コストや運用負担の削減を目的としたクラウド移行は容易ではありません。 Enterprise Cloudでは、vSphereやvCenterが提供する各種API等で構築してきた運用ワークフローがそのまま活用できます。 システムの用途に応じて高性能なvSphereの専有環境と低コストなOpenStackの共有環境を使い分けることも可能です。 分単位の課金のためクラウドにかかわる運用コストの最適なバランスを追求することができます。 DRやマイグレーションの事例をもとにEnterprise Cloud活用方法もご紹介します。

このページのトップへ