技術継承から業務の省人化まで多彩な用途
製造業が抱える課題解消のカギとなる
XR技術の活用事例

製造業の人材不足や生産性向上が問題となる中、注目を集めているのがVR(仮想現実)やAR(拡張現実)、MR(複合現実)を総称した「XR」の技術です。しかし、これらの技術が実際にどのような業務に活用できるのか、把握できていない企業も多いでしょう。
本稿では国内外のXR最新情報を提供するWebサイト『Mogura VR』の編集長で、VR/AR関連のコンサルティングを行う株式会社Mogura代表取締役社長の久保田瞬氏の見解を参考に、XR技術の最新動向やユースケースについて解説します。

◆進まない製造業のノウハウ継承 減り続ける就業者数がネックに
◆人材育成にデジタル技術を活用する企業は労働生産性が向上
◆XRツールの活用に望ましい環境とユーザーの体験の再構築 ほか

フォームにご記入いただき、 「送信する」ボタンをクリックしてください。
送信完了ページにて資料ダウンロードいただけます。

(例:0312345678)半角数字
Eメールアドレスの入力間違いにご注意ください。
 

このページのトップへ