政府主導のプロジェクト例も解説
「農業DX構想」が描く農業の未来

農林水産省が旗振り役となって進めている「農業DX構想」。ドローンの活用や農作業の自動化などは比較的イメージしやすい取り組みと言えますが、DX推進によって得られるメリットを把握しきれていない農業従事者も多いのではないでしょうか。
本稿では「農業DX」の必要性や、実現に向けてどのような取り組みがなされているのかを紹介します。

◆コロナ禍で62.0%の消費者が自宅で食事 業務用農産物へのニーズが低迷
◆農業DXは離れた地域に暮らす人々をつなぐ基盤づくりに役立つ
◆農業従事者の作業時間が8割近く削減された事例も ほか

フォームにご記入いただき、 「送信する」ボタンをクリックしてください。
送信完了ページにて資料ダウンロードいただけます。

(例:0312345678)半角数字
Eメールアドレスの入力間違いにご注意ください。
 

このページのトップへ