予防&万が一の速やかなデータ復旧で業務を止めない!
ランサムウェアの被害を防ぐ
バックアップ6つのポイント

企業内のネットワークに侵入してデータを暗号化し、その解除と引き換えに金銭を要求する「ランサムウェア」は企業にとっての大きな脅威になっています。その対策には大きく2つの方向性があります。1つは、感染リスクを最小化するセキュリティ対策を行うこと。もう1つは、万が一感染してしまってもデータを復旧できるようにバックアップを取ることです。しかし、近年のランサムウェアは大きく進化し、従来のシンプルなバックアップでは対処しきれなくなっています。
ここでは「ランサムウェア対策」という観点から、バックアップを行うときに気をつけたい6つのポイントを解説します。

◆「人手を介したネットワーク侵入」や「二重の脅迫」が顕著に
◆まずは「セキュリティ対策の基本」を徹底することが重要
◆データの復旧にバックアップが機能しないことも ほか

フォームにご記入いただき、 「送信する」ボタンをクリックしてください。
送信完了ページにて資料ダウンロードいただけます。

(例:0312345678)半角数字
Eメールアドレスの入力間違いにご注意ください。
 

このページのトップへ